資格を取り“トレーナー”になったその先へ、何を目指して生きるのか。自分を知る6つの質問

こんにちは。ゆうこりん(@koji_i003)です。

この記事は、「職業」から連想されるイメージではなく「自分が目指すもの」をしっかり見据えた戦略をとり、会社や組織に搾取されないキャリアプランを作るためのヒントとなるコラムです。

ゆうこりん
私はプロのコーチングコーチから定期的にセッションを受けているのですが、受け始めてから生活や考え方に大きな変化がたくさんありました。

不必要に自信をなくして落ち込むことはほとんどなくなり、目標の持ち方に一本軸が通ったことで、いろんなことがどんどん前に進んでいっています。

普通の会社員でない人にはとくに大切な考え方だと思うので、コラムとしてシェアすることにしました。

最後に10分くらいでできるワークがあるので、おうちでコーヒーでも飲みながら手帳のメモスペースにでも書いてみてください!

⇧いつになく多弁。

スポンサードリンク

社会的に共通のイメージがないから、目指す人も様々なイメージを持っているのが「トレーナー」

さて、私はアメリカのアスレティックトレーナー(ATC)の資格を持っていますが、現在の仕事は日本の看護師です。

看護師という仕事はある程度社会的に確立されたものであり、「誰でも看護師がどんな仕事をしているのか何となくイメージがつく」ほどには世間一般に認知されている言葉です。

▲いまどきナースキャップを被っている病院はほとんどないが・・・

一方で、「アスレティックトレーナー」はどうでしょうか。

おそらく、一般の人にとっては

「アスレティック?運動のトレーナー?」

「体の鍛え方を教える人?」

というように、その言葉がどんな仕事を意味するのか、全くイメージできないものだと思います。

☟「アスレティックトレーナーとは?」についてまとめた記事があるので、よければ参考にしてください。

「ATC」「アスレティックトレーナー」って何ですか?

2018.03.02

社会的な共通認識のない「アスレティックトレーナー」もしくはその他の「トレーナー」という肩書き、職業。

その”曖昧な概念”を目指す人たちもまた、それぞれの思いや理想を持って学校に通ったり資格取得を目指したりするのだと思います。

たとえば「Jリーグのトレーナーになりたい」という夢を叶えるために学校に入学して、その情熱の温度とカタチが全く変わらないまま卒業して資格を取って、プロとしての仕事を始めてやっていけるのであれば、誰が何と言おうと別に迷ったり悩んだりすることはないかもしれません。

でも人生って、実際いろいろ変化のあるものじゃないでしょうか。

ライフステージの変化で、自分の大切なものが変化していくのもまた事実

ゆうこりん
実は私は小学校のときから「薬剤師になる」のが夢でした。医療の国家資格があればリストラされても大丈夫。そして白衣とか着て仕事したい。という子供ながらの夢でした(あの頃テレビで「リストラ」という言葉が流行っていた)。

結果的に看護師になって今があるわけですが、自分の選択に満足しているし、幸せです。

今はリストラの心配とかまじでどうでもいいし、白衣とかも別に何でもいいかな・・・笑。

それよりは、仕事以外の人生の時間に目を向けることが増えました。

よっぽどのポジションにつかないとATは稼げない?

たとえば”トレーナー界”で、こういう話って一回は聞いたことありますよね。

「プロスポーツのヘッドアスレティックトレーナーになって年俸めっちゃもらってる人なんて、ほんの一握りだよ」

「やっぱトレーナーだけでは食べていけないから・・・」

「チームとの契約は先が見えず、不安定だよ」

などなどなど。

 

私は「アスレティックトレーナー(AT)」というものにめちゃくちゃ興味があって、情報を集めまくって渡米して本当になっちゃったくらいアスレティックトレーニングというProfession(専門職)が好きなので、機会があれば出会うATさんに仕事観とか、目標とか根掘り葉掘りお聞きしてきました。

そこで気づいたのが、

ATを目指した当初の憧れと、今の仕事のスタイルに落ち着くまでに誰しもいろいろな変化がある。

ということでした。

初志貫徹するのが難しいとか、どっちが偉いとか、そういう話じゃないですよ。

ゆうこりん
いやまあ、そうですよね。

ってことです。

元Jリーグのトレーナーでも、今のほうがいいという話

すみません。彼がヘッドだったかどうかは忘れてしまったのですが、以前Jリーグのチームと契約して実際働いていたATの方と飲んだときも、こんな話をしていました。

「あの時は年俸700〜800万とかだった。子供もできたし、ヘッドコーチが変わったりとかまあ色々あって、今の仕事に変えた。年収は減ったけど、社会的な安定があるのはデカイ。今の方が自由に好きなことができるし、やろうと思ってることもあるし、楽しくやってる。年齢的にももうチームで働くトレーナーはやらないな〜」

みたいな。

メモを取っていたわけではないし言葉は正確ではありませんが、こういう主旨のことを言っていて、

「憧れる人も多いであろうJリーグのATのポジションを獲った人でも、他にも色々考慮して違う道にいくものなんだな〜」という感想を抱いたのが印象的でした(ほんと、ふわっとした感想ですみません)。

何も考えなくても安定した生活が保証されているわけじゃないから、余計に迷うこともある

たとえば看護師みたいに、普通に就職して普通に働いていれば、欲しいものを買ったり、旅行に行ったり、子供二人を塾に通わせたり、家のローン組んだりするくらいはまぁできるんじゃないかなという生活水準がなんとなく見えているわけじゃないのがATという職業です(もちろん上を見ればキリがないですよ。「特別優秀でなくても保証されているライン」です)。

地位が高い低いじゃなくて、まだそこまで成熟した職業・業界でないということです。

一般の人に「私の仕事はこういうことで、こんなことができます」って説明しないと、せっかく高いスキルを持っていても全然伝わらないということからも、「昔からあって、説明しなくてもみんな知ってる仕事」よりも、仕事の場を得るためにやらないといけないことがワンステップ、ツーステップ多いとも言えます。

だから、たとえば収入を得るために人生戦略とか特別考えなくても、とりあえず普通に働いていれば普通レベルの生活が保証された仕事に就いている人よりももっと、自分で考えて行動したり、取捨選択したり、情報収集したり、技術を磨いたりしないといけないわけです。

しかしだからといって、18歳とかのときにそういうことまで考慮してトレーナーの勉強を始める人はそこまで多くないでしょう。

人生ゲームのコマがひとつまたひとつと進むにつれ、最初に予想していた以外のイベントが起こったり、新しい価値観に出会ったりするので、迷ったり悩んだり、どれを選べばいいかわからなくなるときがあるのです。

上司
トレーナーに有給とかないよ?君の代わりはいないからね!
奥さん
実家には預けられないから、2人目が生まれたらもうワンオペは無理よ。早く帰ってきてね!

前述の、青い文字で書いた「トレーナー業界は大変だよあるある」の話なんかも、憧れからスタートした将来設計を惑わす要因になるかもしれません。

「成功するトレーナー」に王道はない

みんなの前年度の年収とか、純利益とかまではさすがに知らないですけど、アスレティックトレーナーのバックグラウンドを持って仕事をし、めっちゃ稼いでる人や社会的に尊敬される地位にいる人は現実的に何人もいます。

語弊を恐れずわかりやすさ重視で書きますが、そういった「成功しているトレーナー」の話を聞くと、誰しも一度は考えますよね。

どうすれば彼らのようになれるのか?

トレーナーしてない私も考えますよ。この人はなぜ成功している(ように見える)のかと。

アピールできる仕事歴があるから?

他にもいろんな資格を持っているから?

起業したから?

プロアスリートの顧客がいるから?

ビジネスの才能があるから?

いろんな要因が考えられると思うんですよね。

実際どれも正解かもしれませんし、もしかするとどれも本質ではないかもしれません。

“スゴイAT”全員と腹を割ってサシで飲んだわけではないですが、様々な場所で活躍されている年齢も性別も様々なATさんたちのお話を聞いてるうちに見えてきたのは、

みんな「自分の目指すもの」を追求しているから今があるんだな、ということ。

アメリカのNFLでインターン歴があればコリジョンスポーツのチームと契約取りやすいとか、日本の医療系国家資格を取ればいいとか、自分で直接顧客と契約するスタイルじゃないと稼げないとか、そういう要素はすべて表面的なものなんです。

ゆうこりん
もし幸運にも誰かのやってる「憧れの仕事」を自分に受け渡してもらえたとして、それが自分のよさが活きる仕事なのか、自分はその仕事と一緒に幸せに生きれるかは別の問題ですよね。誰かにとっての成功が、自分にとっても正解かどうかはわかりません。

どういう働き方をして、どんな価値を提供したいか。

それは自分にしかわかりません。

これをすればあの人みたいなATになれる!という王道はない。というのが、現時点で私の出した答えです。

スポンサードリンク

まずは自分が目指したいものを知ること

ここでやっと最初に出てきたコーチングの話に戻ります。

私はコーチと時間をかけて「目標設定」のワークに取り組んできました。

何を隠そう私自身、看護師とATの両方を十二分に発揮して活躍してるゼイ!とは言いがたいし、かといってどこかに成功例があるわけでもないので、行動と意思決定の指標としてもっと明確なコンパスになるくらい、目指すものを自分の中で明らかにしようと考えたからです。

【ワーク】自分を知る6つの質問

もし、今「自分が目指す程度まで、十分に豊かだ」「求めているものは全て手に入った」と自信を持って言える人は、このワークは必要ないでしょう。

そうでないならば、トレーナーであるかどうかは関係なく、一度次の6つの質問の答えを考えてみてください。

本当に自分が豊かだったら、どんな生活をしていますか?

  1. 対人関係
  2. 仕事
  3. 家族
  4. 健康
  5. 余暇
  6. 精神面

これだけではちょっとわかりにくいですね。たとえば、こんな風に書いてみてください。

①対人関係
信頼できる人に囲まれている。
お互いに高め合える人間関係を築いている。

②仕事
自分でスケジュールを決めて働く。
様々な場所で、色々な人と仕事をする。

③家族
よく会話をし、コミュニケーションが活発。
夏と冬は一緒に旅行を楽しむ。



という感じです。答えは箇条書きでも単語でもいいし、数に限りはありません。

理想を「否定形」で書かない

ここで、一つだけ注意があります。

それは、「否定形で書かない」ということです。

たとえば、

「隠し事をしない」ではなく、「なんでも話せる関係性でいる」とか。

「イライラしない」ではなく、「いつも穏やかな気持ちでいる」とか。

これは脳科学の観点から、イメージが無意識に与える影響を考慮したものです。

次の文章を読んでみてください。

はちみつの入った茶色い大きな壺に、上半身を突っ込んでいるプーさんのおしりを、想像しないでください。

どうでしょうか。

こんな感じの絵を一瞬頭に思い浮かべませんでしたか?

(なんじゃこの絵)

こんな感じで、脳は「△△しない」というキューイングを与えられたら、その△△を素直にイメージしていまうものなのです。

脳的には最後まで聞いてられるかい!語尾とかしゃらくせえ!って感じですかね。

なので、素直に理想をそのまま、直接的な言葉で表現しましょう。

まとめ

これは私が受けているコーチングで行なっていることの、ひとつの例です。

自分がなんとなく考えていることを一度頭の中から出して、目に見える形で整理することは予想以上に効果があります。

たとえばここで、

②仕事:自分である程度スケジュールを決められる、休みを作れる

などと書いてる人が、チームのスケジュールに合わせて遠征や試合に帯同し、チームのオフが自分のオフとなるような働き方は大きなストレスかもしれません。

もちろん、今すべてが達成されている必要はないと思います。

最初の3年は〇〇の経験を積んで、30代後半になったら▲▲〜というような、長期戦略のためにあえて「今はこれを選択する」という考え方も十分にありえると思います。

ただ、私がこの記事で伝えたいのは「常に自分の目的地を意識した意思決定」を繰り返すことの大切さです。

目的地とは「特定の仕事」などではありません。

「自分がどう生きたいか」。

6つの質問からもわかるように、仕事や対人関係というのは、その一部の要素でしかないのです。

もしかしたら年齢やライフイベントで、この質問への回答も少しずつ変化していくかもしれません。

目先の言葉のイメージや他人の評判に舵を乱されることなく、楽しくキャリアを育てていきましょう!

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
ゆうこりん

ゆうこりん

BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)でもある看護師です。 現在は整形外科で病棟看護師として働きながら、スポーツ医学やアスレティックトレーニングをテーマに空き時間に気軽に読めるメディアを運営。休日にスポーツイベントや大会の救護などの活動も行なっています。 内科・耳鼻科・眼科混合病棟→米大学院→スポーツ整形外科。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうこりん

BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)でもある看護師です。 現在は整形外科で病棟看護師として働きながら、スポーツ医学やアスレティックトレーニングをテーマに空き時間に気軽に読めるメディアを運営。休日にスポーツイベントや大会の救護などの活動も行なっています。 内科・耳鼻科・眼科混合病棟→米大学院→スポーツ整形外科。