湘南・江ノ島のパーソナルトレーニングジムで、楽しく健康になろう

こんにちは。スポーツ看護師ゆうこりん(@koji_i003)です。

最近は、女性の間でもトレーニングやフィットネスがとても人気ですね。

今はモデルや女優さんもみんなジムでトレーニングをしていて、ただ細いだけじゃなく引き締まって健康的なボディラインが美しくかっこいい、という認識が広まっています。

もちろん男性も、仕事がデキる人ほど筋トレをしているイメージがあります。

「自分の体」という最も大切な資本にしっかり投資してこそ、本当にやりたいことを実現する体力・気力・魅力が充実するのかもしれませんね。

ゆうこりん
トレーニングしてみたいけど、今まで筋トレなんてしたことがないし、何から始めればいいのかわからない・・・。

そんな人こそ、マンツーマンで自分の体や目標にあったトレーニングを指導してくれる、パーソナルトレーニングを受けるのがおすすめです。

この記事では、湘南・江ノ島にあるパーソナルトレーニングジムをご紹介します。

スポンサードリンク

「The “A+” Personal Training」を訪問

▲「江ノ島駅」近くで、江ノ電の窓から見えるこの入り口が目印!

今回お邪魔したのは、「The “A+” Personal Training」。

江ノ島電鉄線江ノ島駅から徒歩3分です。

楽しくトレーニングを続けられるジム

▲立派なラックがお出迎え。

こちらのジムは、代表の山中さんと新スタッフのケンタさんの2人でトレーニング指導をされています。

「とにかくお客様には、体を動かすことを楽しんでもらいたい」と、山中さん。

フリーウエイトはもちろん、様々な器具を使用してバリエーション豊かなトレーニングを教えてもらえるので、飽きずにジムに通うのが楽しくなりそうです。

▲でぐのぶさんも体験!右が山中さん。
お休みの日に案内していただいたのでラフな格好ですが、
もちろん普段はちゃんとされています

▲棚にも様々な器具がずらり

ゆうこりん
他にも色々なマシンや器具がありましたが、このときはちょうど改装中でちょっと雑多な感じだったので(笑)、写真はごく一部です!

パーソナルトレーニングの料金

「The “A+” Personal Training」公式サイトより引用

1回80分のパーソナルトレーニングで9,000円です。

4回分の回数券を購入すると35,000円なので、都度利用するより1,000円お得になります。

8回分の回数券だと、4,000円もお得になります(週1回の利用で2ヶ月分!)。

スポンサードリンク

体験トレーニングの無料キャンペーン中!

▲お客さんは「置きプロテイン」ができる

現在、体験トレーニングのフルセッション(50分)が、なんと

7,000円無料!!のキャンペーン中です。

この機会に、ゆっくりと時間が流れる江ノ島のジムでパーソナルトレーニングを体験してみてはいかがでしょうか。

☝︎2つめの「フルセッション無料体験申込フォーム」からお申し込みください。

※予告なくキャンペーンが終了する場合がございます。詳細は店舗のウェブサイトでご確認ください。

おまけ:山中さんは大のアメフト好き

▲代表の山中さん。インテリアもアメリカン

実は「The “A+” Personal Training」の代表の山中さんは、長年アメリカの大学のアメリカンフットボール部でアスレティックトレーナーとして勤務されていました。

今でもNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の試合をネットで観戦するほどの、大のアメフト好きだそうです。

▲山中さんが以前働いていたアメフトチームが獲得した
チャンピオンリングなども飾ってあります

ゆうこりん
自分がやるスポーツとしては「ゴルフがめちゃくちゃ好き」っておっしゃってました。でも、別にアメフトもゴルフもそこまで好きじゃなくても全然大丈夫です(笑)。

湘南・江ノ島エリアでパーソナルトレーニングに興味がある方は、ぜひ一度体験トレーニングを受けてみてください!

山中さん、ケンタさん、美和子さん、ありがとうございました!

▲もちろん壁にはAED

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
ゆうこりん

ゆうこりん

BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)でもある看護師です。 現在は整形外科で病棟看護師として働きながら、スポーツ医学やアスレティックトレーニングをテーマに空き時間に気軽に読めるメディアを運営。休日にスポーツイベントや大会の救護などの活動も行なっています。 内科・耳鼻科・眼科混合病棟→米大学院→スポーツ整形外科。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうこりん

BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)でもある看護師です。 現在は整形外科で病棟看護師として働きながら、スポーツ医学やアスレティックトレーニングをテーマに空き時間に気軽に読めるメディアを運営。休日にスポーツイベントや大会の救護などの活動も行なっています。 内科・耳鼻科・眼科混合病棟→米大学院→スポーツ整形外科。