「ポジションステイトメント」って何?活用方法を解説!

こんにちは。ゆうこりん(@koji_i003)です。

ATC(アメリカのアスレティックトレーナー)の人たちがたびたび引用する、「ポジションステイトメント」って何?どうやって読めるの?

と一度でも思ったことがある方のために、この記事を書きました。

スポーツ現場の安全や医療に関わる人は絶対に知っておいて損はない、信頼できるソースなので、ぜひご紹介させてください。

今回はうだうだとした前置きはなしにして、さっそく本題に入りましょう!

ゆうこりん
大学院でアスレティックトレーニングを専攻していたとき、トピックをひとつ選んでグループでプレゼンする課題などもありました。

以前記事に書いた仙台大学のAT部でも、ポジションステイトメントを活用して勉強会をされているそうですよ。

スポンサードリンク

ポジションステイトメントとは

▲引用:NATA公式サイトより

まずポジションステイトメントとは、NATA(National Athletic Trainers’ Association=全米アスレティックトレーナーズ協会)が発表している、アスレティックトレーナー(AT)が職務を果たす際に「指針」となるような文書です。

各トピックに関しての専門家チームが著者となり、科学に基づきピアレビューされた研究である、と説明されています。

ポジションステイトメントのトピック

トピックはAT教育のカリキュラムで必ず扱うようなもので、たとえば

  • 熱中症
  • 脳振盪
  • ACL損傷
  • スポーツにおける突然死
  • 足関節捻挫
  • 落雷
  • 小児のオーバーユース障害
  • アスリートの摂食障害
  • 1型糖尿病を持つアスリート
  • 喘息
  • 皮膚疾患

などについてまとめられています。

ポジションステイトメントのアクセス方法

NATAのサイトに行けばポジションステイトメントの全文にアクセスできます。☟

これはログインが必要ないページにあるので、NATAの会員でなくても見れます。

だから誰でも、もちろん世界中のどこからでも読めます。嬉しい!

NATAの公式サイトにアクセスしたら、

「News & Publications」→「Press Room」→[statements]→[position]

と移動していけば、現在までに発表されているポジションステイトメントがこんな感じでずらっと出てきます。

NATA公式サイトより

PDF形式になっているので、ダウンロードして好きなデバイスに保存して読むのも簡単です。

ポジションステイトメントをなぜ読むべきか

「教科書で習ったようなことが、いろんな文献をもとに詳しくまとめられてるだけでしょ?」と思うかもしれません(それだけでも相当読む価値ありますけど!)。

違うんです!

私がすでに物質として持っている教科書はもうこのままアップデートされませんが、ポジションステイトメントは常に専門家らの間で改良・改定され続けています。

古いものでは2002年に発表されたものもあり、最近パブリッシュされた論文などに比べると”最新”ではないかもしれませんが、日々の実践において参考にする情報源としての信頼度は圧倒的に高いです。

アスレティックトレーニングの実践に関して、ソースが欲しいときは間違いなく頼りになります。

ゆうこりん
個人的には、整形外科看護の領域でもこういう「指針」となるようなまとめ文献が、誰にでもアクセスできるようなところにないかな・・・と思っています。あっても知る機会がないのですが。無料が必ずしもよいことではありませんが、勤務先で有料会員払ってくれ〜!(心の叫び)

\留学前にお世話になったオンライン英会話/

NATAポジションステイトメントの免責事項

ポジションステイトメントについてこの記事を書くにあたって免責事項を確認したところ、次のように書かれていました(訳:私)。

ここの部分、私は初めて読みました。

NATAポジションステイトメントの免責事項

NATAは、会員に対し、ある問題のアウェアネスを推進するためのサービスとしてポジションステイトメントを発行しています。ポジションステイトメントに含まれる情報は、すべての状況や個人を網羅していたり、限定していたりするわけではありません。
施設の人材ガイドライン、州の法律、ルールや規制、あるいは地域の環境の状況などの変化する因子などが、これらの推奨された内容の適性や実践に影響を及ぼす可能性があります。
NATAとしては、会員やその他の皆様には、それぞれの推奨(特定の状況や個人に対して同じものが適正であるかも含め)を注意深く、自主的に考慮することをおすすめします。
ポジションステイトメントは、ケアを提供する際の独立した基準として依存されるべきではなく、NATA会員やその他の皆様のリソースとして活用してください。
さらに、ここでNATAのポジションステイトメントに付着する、または相違するケアの質に関しては言及しません。
NATAはポジションステイトメントをいつでも撤回・変更する権利を留保します。

まあ当たり前といえば当たり前のことがただ書かれているのですが、「これにすべて依存してケアするんじゃなくて、状況に応じて自分で考える際の参考にしてね」ということですね。

でもこんなに英語を読むのはツライ・・・という人へのちょっとしたアドバイス

ゆうこりん
わかる〜。ページ数見ただけで「なにこれやばすぎまじ釈迦」ってなりますよね

私は24歳くらいまで受験勉強のための英語の勉強しかしたことがなく、使える英語の読み書きなんて全然できなかった「純ドメ関西人」でした。

それが、TOEFLで基準点なんとか取ってアメリカに乗り込んだとはいえ、突然「じゃあ2日後の授業までにここまで(教科書20ページくらい)読んできてネー☆」みたいな環境に行って、「いや、読めるかーい!!」ってズッコケそうでした。

実際最初の頃は1ページ読むのに30分以上かかって、もう予習で教科書読みながら寝てるくらいでした。

だから、100%を目指すのはそっこーで諦めました。

でも「完璧に読もう、全部理解しよう」とさえしなければ、要点はちゃんと頭に入るのです。

ゆうこりん
なのでポジションステイトメントだって、読んでも意味がわからない部分や興味のない部分はどんどん飛ばして、“知りたい情報だけ探しながら”読みましょう。

あとこれは、2年半しかアメリカに住んでいない私が身にしみて実感していることですが、

「英語の勉強のために、英語を勉強する」よりも、

「何かの知識を得るために、英語で勉強する」ほうが、圧倒的に早く英語が身につきます。

なので、興味があることを英語で読んだり調べたりするって、その知識+それに付随する英語も一気に吸収できて一石二鳥!!

NATAの公式サイトから誰でも無料でアクセスできる「ポジションステイトメント」、ぜひ活用してくださいね!

【おまけ】

ゆうこりん
もしどれを読むか迷う場合は・・・とりあえず読むべきはこれです。リンク貼っておきますね!☟

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
ゆうこりん

ゆうこりん

BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)でもある看護師です。 現在は整形外科で病棟看護師として働きながら、スポーツ医学やアスレティックトレーニングをテーマに空き時間に気軽に読めるメディアを運営。休日にスポーツイベントや大会の救護などの活動も行なっています。 内科・耳鼻科・眼科混合病棟→米大学院→スポーツ整形外科。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうこりん

BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)でもある看護師です。 現在は整形外科で病棟看護師として働きながら、スポーツ医学やアスレティックトレーニングをテーマに空き時間に気軽に読めるメディアを運営。休日にスポーツイベントや大会の救護などの活動も行なっています。 内科・耳鼻科・眼科混合病棟→米大学院→スポーツ整形外科。