「ストレングスファインダー」を活用して自分の強みを生かしたトレーナーになろう

こんにちは。ゆうこりんです。

この記事では、「自分の強みを生かした仕事がしたい」方におすすめの本を一冊ご紹介します。

ゆうこりん
突然ですが、あなたの「強み」を教えてください!
Aさん
私は人と話すのが好きです!
Bくん
僕は行動力があるほうだと思います!

色々なコミュニティに所属しながら生活していると、誰でもなんとなく「これは自分が得意なことかも」「こういうのって向いてるかも」という自覚が少なからずあると思います。

だけど、自分で気づいていること以外でも「強み」はあるかもしれないし、そもそも複数あるであろう自分の「強み」を、どう仕事や人間関係に生かしていけばいいかまで一人で考えるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

好きなこと=得意なこと=強み???

スポンサードリンク

自由で多様な働き方をするトレーナー業こそ、自己理解が必須

新人教育の充実した会社に就職するのであれば、これから何を伸ばせばいいのかなどの「成長の道筋」を提示してもらえる機会も多いかもしれません。

しかしフリーランスとして仕事をしたり、自分で法人を作るのであれば「自ら仕事を作る」ことがより重要となるでしょう。

特に、“トレーナー”として仕事をしている方や、これからそういう仕事をしたいと考えている方にとって、

  • 自分がどんな「トレーナー」になりたいのか
  • どういった形態で仕事をしたいのか
  • どんな資格や勉強を積み重ねるべきか

などをを考える際に、「自分の強み」を自分や他者の主観ではなく、系統的に分析して理解しておくことが役立つ場面があります。

たとえば帰国して日本で活動されているATC(アメリカのアスレティックトレーナー)の方々の仕事を見ても、本当に皆さん様々な場所で多様な活動をされています。

  • プロスポーツのチームと契約する
  • 学生アスリートの指導をする
  • 会社と契約してトレーナー業をする
  • 教育職に就く
  • 開業し、自分のジムやオフィスを持つ
  • フリーのパーソナルトレーナーとして活動する
  • etc…

しかし、誰かの活躍する舞台は、必ずしも自分が目指せる形ではないかもしれません。

尊敬する誰かの体験談やアドバイスは、自分にはぴったり当てはまらないかもしれません。

憧れの人の仕事をそのまま自分の目標にしてしまっている、ということはありませんか?

「自分」は「どうしたいのか」「何をするべきか」は、やっぱり自分にしかわからないものです。

ゆうこりん
本の内容は参考になるけど自分にオーダーメイドではないし、プロのコーチからコーチングを受けるとなると時間もお金もかかりますよね。

そこで、一時期SNSでも話題になった「才能診断テスト」がとても面白かったのでご紹介します。

2000円以下で受けられる「才能診断」ストレングス・ファインダー

人々に共通する34の資質を言語化し、その人の持つ才能のトップ5を見つけてくれる『ストレングス・ファインダー』。

このテストをおすすめする理由はたくさんあります。

  • 1800円+税で、40年以上の研究に基づいた信頼度の高いテストが受けられる
  • テスト自体の所要時間は40分
  • パソコンとネットがあれば自宅でできる
  • 5,000種類以上の中から自分にあった洞察レポートが手に入る
  • 自分の持つ資質を知るだけでなく、その生かし方もアドバイスしてくれる
  • 他者との関わりにも役立つ

この価格で、このクオリティの、オーダーメイドされた才能診断が得られるのであれば、非常にコスパのいい投資だと断言できます。

かなり有名なテストなので、ネットで検索したら様々な体験談も見つかりますよ。

これを、「自分の強みをなんとなくしか把握してない人」代表として、同じくATCであり現在はコンディショニングジムで働いている私の夫・でぐのぶさんの誕生日にプレゼントして、やってもらいました!
ゆうこりん
これで自分の強みを客観的に把握して、ますます飛躍してください!

ストレングス・ファインダーを受けてみよう

今回は書籍を購入し、一冊にひとつ付いているアクセスコードを使ってウェブテストを受けます。

裏表紙の内側に綴じ込みがあります

注意

✔アクセスコードの使用は一度きり!中古でこの本を買う際は、コードがすでに使用されていないか必ず確認してください。できれば新品購入をおすすめします。

✔本を何冊もいらない場合は、サイト上でウェブテストのコードのみを購入することも可能です。

 

 

サイトにアクセスすると、こんな画面が出てきます。

最初は英語表記になっていますが、一番下で言語の切り替えができます。

右上の、緑で囲まれた「アクセスコード」をクリックし、綴じ込みに書かれたコードを入力します。

 

なんかエラーになった・・・。そんな場合は焦らずに、翌日にもう一度アクセスしてみてください(体験談)。

直感で質問に答えていこう

最初は、こんな問いから始まりました。

でぐのぶ
えっ・・・(動揺)

この質問への回答が結果に反映されているかは不明です。

本番の(?)質問はそれ以降から始まります。

 

こんな感じで、177問の質問に対し記述が2つ提示され、より当てはまるところを5つのボックスから1つ選ぶという形式になっています。

ひとつの質問に対し、与えられた回答時間は20秒

直感で選んでください。

本の中でも、

なぜ短いかというと、最初に浮かんだ本能的な答えのほうが、あれこれ考えたものよりも本質を明らかにするからだ。

と説明されています。

注意

✔テストを受ける際は集中してできる環境で!

✔隣で見ていても、横からごちゃごちゃ言わないこと。

所用時間は40分と記載されていますが、彼はサクッと20分くらいで終わっていました。

結果を見てみよう

▲ストレングス・ファインダーでわかった、でぐのぶさんの資質トップ5。

全部で34個の中から、自分の持つトップ5の資質がこのテストからわかります。

彼の場合は

  1. 最上志向
  2. アレンジ
  3. 達成欲
  4. 自我
  5. ポジティブ

という5つの資質を持っているという結果になりました。

さらに詳しい洞察レポートがすぐに手に入ります。

ストレングス・ファインダーのアセスメントから得られたその人の才能について、より精密に、そしてひとりひとりに落とし込んだかたちで考えられるように、〈強みの洞察〉に基づいた洞察レポートはなんと5,000種類以上もあるそうです。

レポートでは、個別にカスタマイズされた〈強みの洞察〉を示している。〈強みの洞察〉は、トップ5のそれぞれの資質があなたの人生でどんな役割を果たすかを、より個人的なレベルで理解するのに役立つ。

たとえば、あなたと友人がトップ5に同じ資質を持っていても、その資質の現れ方は異なる。そのため、その資質がそれぞれ2人の人生でどんな働きをするかは、全く異なる説明となる。

〈強みの洞察〉は、私たちがこれまで調査してきた数百人の人々と比べたときに「あなたを際立たせる特徴」を示している。

(本文より)

「才能」を「強み」にする

ゆうこりん
「ストレングス・ファインダー」の結果をみて、どうでしょう?
でぐのぶ
(洞察レポートを読みながら)この結果は、当たってると思う。自分が普通だと思っていることが、そもそも強みだということがわかった。

レポートには、この結果を生かすためにさらにいくつかのオープンクエスチョンが用意されていました。

それらを印刷して、ファイリングして製本し(アナログ!)、いつでも読めるようにして渡しました。ハッピーバースデー(もちろん、ほかのプレゼントもあげましたよ)!

▲冊子にするとより本格的感

これで終わりではなく、ここからがストレングス・ファインダー活用の始まりです。

最後に、本文から大事な部分をいくつか引用します。

実際のところ〈ストレングス・ファインダー〉が測定するのは、「才能」であって「強み」ではない。

(中略)〈ストレングス・ファインダー〉は、あなたがどんな知識を持っているかについては質問しない。あなたが受けた教育や学位、履歴書に関する質問もしない。

(中略)私たちが発見したのは、「知識やスキル、そして恒常的な訓練が最も役立つのは、あなたの才能を伸ばすために使われたときだ」ということだ。

 

最も成功している人は、その人が持つ高い才能を起点にしてスキルや知識を身に付け、練習を積んでいる。

こうすれば、才能は何倍にも増幅して開花するのだ。

 

ゆうこりん
もちろん、私もこのあと受けました!

パートナーやチームメンバー、仲間同士で受けてみると、より全体としてのパフォーマンスアップに繋がること間違いなしです。

弱点の克服に時間をかけすぎるより、もともと持っている資質を最大限に伸ばし、自分の持っている価値を世の中に還元してみませんか?

☟ストレングス・ファインダーを受けてみたい人はこちらから

 

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
ゆうこりん

ゆうこりん

BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)でもある整形外科看護師です。 スポーツ医学やアスレティックトレーニングをテーマに空き時間に気軽に読めるメディアを運営。スポーツイベントの救護、スポーツ医学関連団体の広報担当などの活動も行なっています。 内科・耳鼻科・眼科混合病棟→米大学院→スポーツ整形外科。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうこりん

BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)でもある整形外科看護師です。 スポーツ医学やアスレティックトレーニングをテーマに空き時間に気軽に読めるメディアを運営。スポーツイベントの救護、スポーツ医学関連団体の広報担当などの活動も行なっています。 内科・耳鼻科・眼科混合病棟→米大学院→スポーツ整形外科。